セミナー情報

大和エナジー・インフラのスタッフが講師を務めるセミナー、イベント情報をご紹介いたします。

「老朽施設を"稼ぐインフラ"に PPP/PFIによる施設整備のヒント」

公共施設の老朽化への対応を迫られる一方、「稼ぐインフラ」に変える知恵が求められています。コンセッション方式のみならず、都市公園に対する官民連携事業をはじめ、「負担附き寄附」による自由度の高いスタジアム、博物館・美術館の整備、コンバージョン(用途転換)庁舎など解決策は多岐にわたります。少ない公的負担で公共施設を整備・更新する妙策を専門家がわかりやすく解説します。

講師: ソリューション部 副部長 鈴木 文彦
開催日時: 2018年12月7日(金) 14時20分~15時00分
受講料・参加費: 無料
会場: 東京ビックサイト 「社会インフラテック」ニーズ・シーズ マッチングステージ
詳細: 新しいページを開きますhttps://messe.nikkei.co.jp/in/seminar/#seminar_138592

「PPP/PFIを活用したパークマネジメント~人を集め価値を高める公園施設の整備と経営~」

成熟社会の現代、都市公園が目指す方向性は単なる量的拡大から都市生活の充実を目指す新たなステージに進化しています。市民のレクリエーションの場、にぎわいの拠点など都市公園のコンセプトが多様化する中、住民ファーストの柔軟な発想が求められています。
そのような中、民間の創意工夫を公園経営に導入する仕組みが注目を集めています。新たなビジネス機会の拡大と地域経済好循環の実現に向け抜本改革を図ったPPP/PFI、特に公共施設等運営権制度(コンセッション)の期待が高まってます。管理許可制度などコンセッションに類似した官民連携の制度が都市公園法にはありましたが、先般の改正で新たにPark-PFIの考え方が導入されました。講義では、都市公園で集客のうえ収益施設との好循環を実現した「稼ぐ公園」の事例を中心にとりあげ、PFIだけではない多様な官民連携手法の活用法について説明します。

講師: ソリューション部 副部長 鈴木 文彦
開催日時: 2018年12月12日(水) 13時20分~15時20分(開場:13時5分)
受講料・参加費: 1名23,004円(21,300円+消費税) 2名(同一法人)同時申込41,688円(38,600円+消費税)
主催: 株式会社日本ナレッジセンター
詳細: PDFファイルご案内状PDF

「スタジアムを中心とした幅広い事例から
新たなビジネスの機会を創造する「官民連携手法の押さえ方」を開示」

講師: ソリューション部 副部長 鈴木 文彦
開催日時: 2018年12月7日(金) 9時30分~11時30分
受講料・参加費: 1名32,590円 2名以降27,590(社内または関連会社で同時お申込みの場合)
主催: 株式会社JPI日本計画研究所
詳細: 新しいページを開きますhttps://www.jpi.co.jp/seminar/14398