ご挨拶

大和証券グループでは2018年度からスタートした新中期経営計画「“Passion for the Best” 2020」において、伝統的な証券ビジネスを核としながら、外部ネットワーク、周辺ビジネスの拡大・強化によるハイブリッド型総合証券として「新たな価値」創出を目指しております。
我が国のエネルギー・インフラストラクチャー関連分野については、政府が公表した「経済財政運営と改革の基本方針2018について」において、再生可能エネルギーの主力電源化、新たなエネルギーシステムの構築、高度成長期に大規模に整備されたインフラ老朽化に対する戦略的な取組みの推進等様々な施策が掲げられていることが示すように、抜本的な構造改革の過程にあり、これに伴うビジネスチャンスの拡大が期待されます。
また、海外においても、急速な経済発展を続ける新興諸国・地域を中心に旺盛なエネルギー・インフラストラクチャー需要が顕在化しており、我が国の技術・知見を活かしたインフラ投資の拡大、幅広いインフラ分野への取組みの推進が見込まれております。
大和エナジーインフラ株式会社はエネルギー・インフラストラクチャー分野での投資を通してハイブリッド型総合証券グループである大和証券グループの一員として「新たな価値」の提供を行うとともに、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs) の推進に貢献して参ります。

大和エナジー・インフラ株式会社
 取締役会長西尾 信也
 代表取締役社長荒木 秀輝